朝食に何を食べると良いの?充実した日を過ごすためにはコレ!

現代人の中には朝食を抜いてしまうという人も多いです。しかし、朝食をきちんと食べることによって様々なメリットがありますのでできれば朝食を食べることがおすすめです。

朝食を食べることによるメリットとは、例えば・・・

朝食を食べることによって、寝ている間に消費されてしまったエネルギーを補給することができて脳も体も活発に活動できるようになります。

また、体内のリズムを整えることができ、心身ともに健康的な1日を過ごせる効果や基礎代謝を上げることができて痩せやすい体づくりにつながります。

他にも、集中力をアップさせる効果があるため仕事や勉強の効率が良くなる、便秘の解消につながるなど様々な健康効果を得られます。
しかし、朝からしっかり食べられないという人もいますし、何を食べて良いか分からないという人もいるでしょう。

ですので今回はそんな人のために「朝食にどんな物を食べるのが良いのか」についてヒントとなる食材をご紹介します。

朝食に何を食べると良いの?やはり「ヨーグルト」が1番?


ヨーグルトには乳酸菌やタンパク質、ビタミンB2、カルシウムなど栄養が豊富です。摂取することで、善玉菌を増やして老廃物の排出を促すなどの効果があります。

栄養補給には効果的な食べ物ですが、空腹時に摂取ことによってカルシウムが吸収されやすくなります。イライラを予防したり、骨粗しょう症などの予防におすすめです。食事の資質や糖質を分解しやすくなるため、ダイエットにも良い食材と言えます。

朝食後に摂取と、胃酸が薄まります。ヨーグルトに含まれる善玉菌が朝に届きやすくなるため、便秘解消に効果的です。

朝食で食べるときのポイントとしては、冷蔵庫から取り出したばかりの冷たいものは避けるほうが良いとされています。冷たいものを摂取すると、内臓が冷えます。それを避けるためには、摂取する前に電子レンジで40秒ほど温めてから食べることがおすすめです。適度に温かい方が、栄養の吸収がしやすくなるというメリットもあります。

朝食には「ヨーグルト&シリアル&グラノーラ」が良い?


朝きちんと食べないという人は、「シリアル」や「グラノーラ」と一緒に食べるのも良いとされています。

これらは栄養価が高い上、さっぱりとした味わいになるため朝はあまり食べられないという人にも向いています。

また、冷え性を改善したいのであれば、生姜やシナモンを混ぜてみたり、甘みが欲しい時にはハチミツやオリゴ糖を加えれば腸内環境を整える作用が高まります。
「完熟王」がオフィスに届く!

即栄養補給ができる「バナナ」も!


朝はゆっくりしている時間がない、という人には、皮を剥くだけで食べられる「バナナ」がおすすめです。

人間の脳はブドウ糖をエネルギーとしています。脳はエネルギーを使う臓器で、安静時にも約300Kcalも消費しています。ブドウ糖に換算すると75gにもなりますが、ブドウ糖は体内に多く蓄えておくことができない成分ですので、脳を働かせるために毎食糖質を摂取することが人間にとっては重要です。

午前中に集中力が続かないという人は、朝に食事をしていないことで脳のエネルギー不足に陥っている可能性があります。それを避けるためにも、エネルギーを補充することは大切となります。

バナナにはブドウ糖が多く含まれていて、エネルギー不足を解消できます。また、食物繊維やマグネシウムも多く含まれていて食物繊維は腸内環境を整え、マグネシウムは腸の動きを活発にするため便通をよくする効果を得られます。
「完熟王」がオフィスに届く!

アレンジして「バナナジュース」も朝食にピッタリ!


そのまま食べるだけでも良いですが、牛乳やハチミツなどと一緒にミキサーに入れてジュースにしたり、パンに乗せてハチミツとシナモンを振りかけるなどアレンジして食べても美味しいです。

両方を摂取というのも、充実した日を過ごすためにはおすすめです。
ただし、ヨーグルトにバナナを混ぜて食べるのではなく、バナナを食べてからヨーグルトを食べるとそれぞれの効果が高まります。バナナを食べて胃酸を薄めた上で、ヨーグルトを摂取ことで善玉菌を殺さずに腸内に届けられます。

便秘やダイエットへの効果を得たいという場合には、毎日食べることが大切です。

また他にも果物(リンゴ、イチゴなど)なども朝食にはおすすめの食材となりますので、食べ頃の時期には色々と試してみてくださいね。