マンゴーを通販で安く買う方法はある?ポイント・コツを大公開!

マンゴーは日本でも大人気の南国フルーツのひとつで、特に5月から6月にかけてとても美味しいマンゴーが食べられる時期となっています。最近は沖縄県や宮崎県で栽培されている国産品も出回るようになり、宮崎県産の高級品だと1kgあたり1万5千円以上する品物もありますがマンゴーを「安く手に入れる方法」もございます。

今日はそんな人気のマンゴーを通販を使って安く買う方法、ポイント・コツを大公開しちゃいます。ぜひ参考にしてみてくださいね。

人気のマンゴーを安く買う方法は?通販はどう?


メロンと並んで高級果物のマンゴーはデパートや高級スーパーで購入できますが、とても高価なので気軽に購入することができないかもしれません。それでも通販サイトを上手に活用することで、安く購入することができるでしょう。

通販サイトでマンゴーを安く買う方法はいくつかありますが、実店舗の店頭に並ぶことのない訳あり品が販売を選ぶ方法がおすすめです。農産物はサイズや形が整っている一部の物が高級品として出荷されますが、中には表面に傷が付いていたりサイズや形に問題ある物もあります。

マンゴーにも等級が付けられている!?


一般的に果物や野菜は収穫後に選別されていくつかの等級が付けられて、高級品から順に、特秀品(Sランク)・秀品(Aランク)・優品(Bランク)・良品(Cランク)、の4種類に分類されます。これらは実店舗や加工食品向けに出荷されますが、Cランク以下の「訳あり(Dランク)」も存在します。

また、「訳あり」は、皮の表面に傷が付いていたりサイズや形が不揃いであるという理由で、出荷されずに廃棄されることがほとんどです。ところが「訳あり」の中にも見た目に問題があったとしても味が良くて食用に適する品物も含まれていて、通販サイトで安く販売されることがあります。

「訳あり品」を上手に活用する!


「訳あり」は商品価値がほとんどなくて農家が自家消費したり廃棄処分するような品物なので、箱詰めのための手間代と送料程度の激安価格で購入できるという特徴があります。見た目が悪くても味や栄養は同じなので、美味しくいただくことができます。プリンなどのお菓子の材料にしたい場合も、「訳あり品」を上手に活用できるでしょう。

通販でマンゴーを安く買う別の方法とは


通販サイトでマンゴーを安く買う別の方法は、8月中旬以降まで待つことです。例えば、沖縄県産のものは収穫期が6月から8月中旬ですが、商品が出始めたばかりの6月頃は購入希望者が多いので高値で取引されることが多いです。

このため、6から7月頃だと値段が高くなってしまいます。これに対して収穫期が終わりに近づく8月頃になると購入希望者が減るので、6月頃と比べて市場価格が2から3割ほど下がることがあります。ですので、8月頃に入ると市場価格が少し下がるので、この時期に「訳あり」品を狙うと安く買うことができるかもしれません。

気象状況で価格変動が起きる!その時が狙い目?


農産物は消費可能な期限が短いものが多く、供給量の変動によって市場価格が大きく影響を受けるケースが少なくありません。台風が上陸しなくても海上の波が高くなったり大雨により船が欠航になったり高速道路が通行止めになるので、物流も影響を受けます。

沖縄県や九州地方は毎年7月頃から台風が接近したり上陸することがあり、農作物の価格が大きく変化します。台風の被害を受けそうになると、多くの農家は収穫を早めて出荷します。

台風が来る直前は農家が収穫を前倒しするので供給量が増加し、一時的に市場価格が下がることで普段よりも安く買うことができるかもしれません。沖縄県や南九州などの地域を台風が直撃しそうになると通販サイトで割引セールが行われることがあるので、7月になったら気象情報をこまめにチェックすると良いでしょう。

ふるさと納税の返礼品のマンゴーを狙え!特秀品(Sランク)も!


別の方法として、「ふるさと納税」を活用することで実質的に安く買うことができるかもしれません。

ふるさと納税で高級マンゴーを返礼品にしている自治体がいくつかありますが、所得税の控除される範囲内であれば実質的に2千円の負担で数千円から数万円の品物が購入できます。

ふるさと納税の返礼品のマンゴーの中には特秀品(Sランク)も用意されているので、高級品をかなりお得に買うことができるでしょう。
【ふるさと納税】【2021年発送】訳あり品!沖縄県北中城村 完熟マンゴー約1.5Kg

シャインマスカットを安く買う方法|通販や直売で訳ありを狙うのがお得な値段!!

2021年3月12日